葬儀

葬式は押しかけてでも行けと言われた会社からの参列は昔の話

投稿日:

昔から「葬式は押しかけてでも行け」といいます。

会社関係でお世話になった方のお葬式なら、なおさらです。

特にお世話になった方とか懇意にしてもらった方なら、

なおさらです。

しかし、会社関係でのお葬式は、気を使いますね。

 

1.会社からのお香典はお返しをする必要は無い?

白い花が

金額にもよりますが、品物に挨拶状を付けて、

49日過ぎたら届くように、お返しをします。

会社の「社員一同」や「同期一同」や、個人の方。

個包装のお菓子やコーヒーセット等、簡単なものでよい。

一番簡単なのは、

ギフトショップやカタログショップです。

予算さえ伝えれば、品物の選定、準備、梱包や手紙、発送まで全てやってくれます。

ただし、

会社規則での慶弔見舞金やお花なら、法人からなのでお返しは不要。

慶弔見舞金とは、

従業員やその家族の祝い事や不幸に対して、企業が支給するお金のことです。

福利厚生のひとつで、本人または家族が死亡したとき支給されます。

それでも、もしお返しやお礼をしたければ、

葬儀場の職員に、

頂いたお花の大体の金額の目安を聞いておくと参考になりますよ。

 

2.お葬式を家族葬でするなら会社からの参列は不要

白バラ

お葬式が一般葬が普通の時代は、

大勢の方に参列してもらうので、会社やご近所さんへのお礼の挨拶、

香典返しの選定と発送などとても大変でした。

会社からも、お通夜と告別式に誰を参列させるかとか、

受付も誰かに行ってもらわねばいけなかったので、

業務の調整が大変でした。

 

白いハスの花

最近は、訃報が回ってきても、

すっかり家族葬ばかりになってきています。

家族の方も、しっかりと故人とお別れができるお葬式です。

会社にも、知らせるだけなので、負担も少なくてすみますね。

ココがポイント

お葬式は、義理で参列するんじゃなくて、

お別れをしたいと思う人が参列すべきところだということです。

-葬儀

Copyright© 葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは? , 2019 All Rights Reserved.