葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは?

葬儀

葬儀をなるべく安く済ませたい方なら見積もりは絶対必要

更新日:

皆さんは、親が他界した時、葬式の費用など、

どのくらいお金がいるのかご存知ですか?

簡単に葬儀をなるべく安く済ませる方法があります。

 

1.なるべく安く済ませたい方なら見積もりは絶対必要

お線香の姿

近くの葬儀社で、少なくても2社の相見積もりとられたほうがいいです。

費用は、葬儀社によってほぼ決まるから、

希望を伝えて、葬儀社の費用を比較することができます。

ココがおすすめ

葬儀の内容も、直接、項目ごとに具体的に聞いた方がいいです。

まともな業者でしたら、見積もりも細かく出してもらえますし、

不要なものは省くこともできます。

A社で必要な物がB社では不要、

B社で5万円の物がC社では3万円、と言うこともありますから。

過剰なものは無くし、再度見積りを取り直したほうがいいです。

最近は、葬儀社から事前見積もりを取る方も増えてますので、

ぜんぜん遠慮しなくていいと思いますよ。

漠然と不安をかかえているより、

はっきり明確に数字を見た方が、

安心して、送る事が出来ますから。

ココがダメ

最近の葬儀にかかる費用は、全国平均で約200万円以上もするんです。

何も言わなければ、それだけ払わされます。

葬儀費用の予算条件に合わせた葬儀社を選びましょう。

それに、

その葬儀社の対応も感じがいいか悪いかも、わかるので。

いくら安くても、あまりにも対応が悪い葬儀社は、

避けた方が無難でしょう。

 

2.もっと葬儀費用を安くしたいという事であれば

葬儀費用を抑える為に、自分の家の葬儀では可能かどうか、

考えてみてください。

葬儀には 業者によって金額や内容が異なる場合があるため。

ココがポイント

①最近は、控え室出棺やホールを使ったプランがあります。

火葬のみや直葬も、費用を抑えるプランです。

お通夜をしないで、直葬にすると、10万円くらい

安くなることも多いのですから。

注意するポイントは、お別れ方法が使用する火葬場によって違うこと。

最後のお別れに、棺桶にお花を入れることが多いですが、

できる火葬場と禁止される火葬場があるからです。

ココがポイント

②料理を、人数分ではなく寿司盛りだけみたいにまとめる。

食事は、追加料金で一番高くなる部分です。

ココがポイント

③自治体の公営斎場が安い

「一日葬」「お別れ式」などの簡素な形の葬儀もできます。

ココがポイント

④葬儀一式を注文しない

葬儀を頼まなくても、遺体の搬送、棺、骨壺のみでも対応してくれます。

 

3.最近は無宗教葬、家族葬が増えています

菊の花

仏教にこだわりがなければ、

お坊さんを呼ばないなら、その分も安くできます。

無宗教葬で、宗教儀式無しも増えている。

故人の遺志により、葬儀は親族だけで執り行うことを、

関係者に回してもらえば、問題ありません。

 

4.価格だけで葬儀社を選ばない方が良い

桜の花

実際に支払った代金が、見積り額よりも大幅にアップする葬儀社があるから。

見積りの3倍~4倍という例も。

ココに注意

破格の値段で見積りを出してくる葬儀社の場合、

なんらかの費用が抜けていることが多いです。

葬儀に決まった大きさはありません。

通夜を行うのか、告別式を行うのか、

参列者は何人なのか、食事は用意するのかを決めて、

しっかり見積もりを出してもらいましょう。

 

5.信頼できる葬儀社に頼む

アジサイ花

葬式は、葬儀社の社員にとっては、日常的な仕事です。

でも、葬式を出す家にとっては非日常的なこと。

決して慣れすぎないで、緊張をもって対応していただく社員の葬儀社が、

信頼できる葬儀社です。

利用した家族から、落ち着いてから葬儀社にお礼をされることも。

霊柩車の運転手さんにも、丁寧に運んでいただいたお礼をされるくらいが、

本当に信頼できる葬儀社だと思います。

まとめると、

・葬儀の見積もりを、2社以上から取るのは、珍しい事ではない。

・不要なものを省き、必要な物を忘れないためにも、しっかり見積もりを出してもらう。

-葬儀

Copyright© 葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは? , 2019 All Rights Reserved.