しのぶ会

偲ぶ会は故人を思い出す良い供養

更新日:

親族が集まる法要は、故人を思い出す良い供養です。

法要でなくても、親戚縁者には「故人を偲ぶ会」と称して声を掛け、

お坊さん抜きで故人を偲ぶ人も増えています。

 

1.故人を偲ぶ会

故人を偲ぶ紫の花

法要は、「十王の本地仏」と言って、

ふつうは3回忌までしかやりません。

そこから先は、遺族の自由ですし、近しい親族しか招待しないいですが、

呼ばれた親族も大変です。

もっと、自由に「故人を偲ぶ会」をする方も増えています。

法事も偲ぶ会も、遺族や故人と面識のある残された人のためにするもの。

 

2.「偲ぶ会」に決まりはあるの?

墓で故人を偲ぶ

偲ぶ会は、例えば挨拶でも雛型があるものです。

それを参考にオリジナリティを出せばいいでしょう。

葬式無用、戒名不要の白州次郎さんの偲ぶ会では、

赤坂のマンションで近親縁者が集まり、

葬式の変わりに棺を前に「酒盛り」をしたそうです。

決まりはあって、ないようなものです。

自由にしてあげてください。

せめて挨拶くらいは、

暗記またはアドリブで挨拶する自信がなければ、

時折、紙に目を通してでも結構ですので、

会葬してくださった方々のほうを見ることをお忘れなく。

 

3.偲ぶ場所はお墓だけなの?

墓は供養の対象ではない

お墓は亡くなった方に会う場所ではなく、偲ぶ場所です。

死者の為ではなく、残った者の為にあるもの。

お墓は、その手助けに過ぎません

まして、坊主のお経で偲ぶことができるわけではない。

神社やお寺も、日常を息災に過ごせる事に感謝を伝える場所です。

形も、お墓は必ずしも必要ではなく、

故人の写真を見て偲ぶだけでも、供養になりますよ。

 

4.偲ぶ会でいただいた手紙やメッセージを故人に届けてあげたい

赤系のチューリップ

いただいた手紙やメッセージには、心がこもっていますね。

故人に届けてあげたいと思うのが、普通です。

もし、仏教にこだわりがないならば、

お寺で焼いてもらう「お焚き上げ」はいかがでしょうか。

お寺で焼くことが、供養になるという考え方から、

お焚き上げが行われているとのことです。

お墓のあるお寺の住職に、相談してください。

-しのぶ会

Copyright© 葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは? , 2019 All Rights Reserved.