葬儀

人が亡くなってから火葬の流れを具体的に教えてください

更新日:

人が亡くなってから、葬儀が終わり、

火葬されるまでの流れを把握していますか?

困惑しないためにも、人が亡くなってから火葬までの流れを、具体的に教えます。

 

1.人が亡くなってから火葬までの流れを具体的に教えてください

人が亡くなると、一般的には一気に流れが加速するものです。

しかし、

火葬場で遺骨にして、家に安置するスタイルは、戦後に始まったものなので、

ほとんどの日本人は、理解しているようでわかっていません。

霊柩車

①一斉に親族や関係者に、臨終の訃報を連絡します

②家族で喪主を決め、葬儀社に依頼します

③その間に、病院でエンゼルケアをしてくれます

④病院から寝台車で遺体を搬出、安置(自宅または安置所)

⑤遺体は、納棺前に死に化粧などを納棺師の方がします

⑥葬儀社とお寺さん、それに火葬場の空き状態から、通夜、告別式、火葬の日時をきめます(火葬は診断書の死亡時刻から24時間以降)

⑦遺族は、弔問者数のおおよその確認をして、会場の大きさや予算を決めます

⑧葬儀社は、その間に死亡診断書や火葬許可証の手続き、会葬礼状の文面確認などします

⑨死亡届けを出す前に、口座が凍結されるので、お葬式代、病院代などを降ろします

⑨そうこうしてる間に、お通夜が始まります

⑩翌日の告別式を済ませ出棺し、火葬場にて最後のお別れし火葬

⑪収骨

直葬の場合は、流れが簡潔です。

①臨終

②病院から寝台車で遺体を搬出

③安置(自宅または安置所)

④納棺

⑤出棺

⑥火葬場にて最後のお別れし火葬

⑦収骨

 

2.この中で火葬(埋葬)許可書は遺族で行うこともできるのをご存知ですか?

葬儀社は、火葬(埋葬)許可書などの事務手続きで、手数料を取りたいので、

何も言わなければ、やってしまいます。

火葬へ出棺

しかし、

やり方自体は簡単なので、遺族が自分で行うこともできますよ。

医師から頂いた「死亡診断書」を役所に持参し、

「死亡届」を出せば、『火葬(埋葬)許可書』が発行されます。

簡単でしょ?

火葬場の職員に、この火葬許可書を提示すれば火葬をしてもらえます。

 

3.火葬の値段はいくらするか知ってますか?

意外と知らないのは、住民であれば、

市町村など自治体が運営する公営火葬場は、ほとんどが無料です。

住民でない場合は、5万円ほどかかります。

焼き上がって

自治体
の公営火葬場だけでは、数が足らない状態が都会では発生しています。

例えば、

民営の葬儀会社が運営する火葬場では、6万円から35万円まで差がある。

炉の前にシャンデリア付きのホールがあったり、

お別れ台や専用の待合室があったり、VIP待遇まで。

しかし、

人間の骨は皆同じなので、高いから良く焼く訳ではありません。

同じロストル方式で、1200℃ほどで5時間ロースーターのように回転して焼き上げます。

 

4.遺骨を骨壷に移す時に二人で一組になって挟むのはどんな意味があるの?

火葬場で、遺骨を骨壷に移す時に、遺族二人で一組になり、

一つの骨を骨揚げ用の長箸で挟むのは、三途の川の”橋渡し”の意味があります。

収骨

箸と橋の音が共通なため、

故人をこの世からあの世へと三途の川を渡してあげるのです。

”骨揚げ””骨上げ””収骨”とも言います。

火葬が終わった後に、焼骨を骨壺に納める儀式は、日本独特ですね。

何故、箸を使うのか?

昔は、遺骨がまだ熱のあるうちに拾っていたため、箸が必要だったため。

今では焼いた後に、冷却してくれるので、拾いやすいですね。

 

5.火葬場での骨揚げの作法ってあるの?

儀式なので、火葬場で遺骨を拾う作法はあります。

あまり知らない方が多いんです。

火葬炉の前で

一番大きいのは、関東と関西では、骨壺に収める遺骨の量が違うこと。

関東では、全ての骨を拾う風習なので大きな骨壺。

関西では、主要な部分sの骨だけを拾う風習なので小さな骨壺。

内径が、湯呑程度の大きさの骨壺です。

知らない方は、驚きます。

骨壺と布

関西では、たくさんの遺骨や灰が残りますが、

残った遺骨や灰は火葬場が合祀してくれるので、心配は不要。

その他の基本的な作法としては、箸をとる前に合掌することや、

骨壺に骨を納めたら合掌して次の方へ箸を渡すこと。

 

6.火葬場での骨揚げする骨の順番って決まっていますか?

火葬場で職員が指示してくれますが、基本的に決まっています。

立派な骨壺

主に全体収骨の関東の場合ですが、

骨を拾って順番に骨壺の中に積みながら収めていくと、

最後は、遺骨が直立した形にできるためです。

足の骨→腕の骨→腰の骨→背骨→肋骨→歯→頭蓋骨→のど仏の骨(第二頸骨)

のど仏の骨は、故人と最も血縁の濃い人が、最後に拾います。

のど仏の骨は、仏が座して合掌している姿に似ているため、

仏が宿っていると考えられているからです。

遺骨を骨壺に収め終えると、火葬場の職員が、白木の箱に入れてくれるので、

ゆっくりと運んであげれば、これで火葬は完了です。

-葬儀

Copyright© 葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは? , 2019 All Rights Reserved.