葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは?

法要

お寺の法要で何回忌まですればいいでしょうか?

投稿日:

多くの家では33回忌を「弔い上げ」と称して打ち止めにします。

 

1.お寺の回忌は何回忌まであるのでしょうか?

wikipediaでは、50回忌まであります。

お寺の回忌

でも、私たちの馴染みは33回忌までですね。

もともと、仏教が中国から伝わってきたときには、

3回忌までだったとのことです。

それ以降、つまり7回忌以降はの年忌法要は、日本で生まれたものです。

出典:浄土宗公式HP

 

2.どの仏教でも49日の法要はするものでしょうか?

浄土真宗には、中陰(七日ごとのお参り)の考えはありません。

真宗以外の葬祭仏教では、49日に故人は仏になると言われています。

49日の法要はする

なので、

49日以降は、仏様に対する法要です。

なお、浄土真宗には、故人供養は教義にありません。

浄土真宗でも、遺族の方の意向で、

故人があの世で幸せになるように、年忌法要をすることはあります。

 

3.無宗教であれば49日の法要は不要でしょうか?

無宗教であれば49日の法要の必要はありません。

法事は、遺族が執り行うものです。

無宗教であれば

故人をどう弔うかは、遺族が決める事。

法要をしないという考えは、おかしいとは思えません。

実際には、周りの目を気にして執り行う方が多いだけです。

本来の宗教とは関係ないことです。

 

4.新盆の時にお寺の法要に出席しなくてもいいのでしょうか?

無理に出席しなくても良いです。

新盆の時

新盆とは、菩提寺の僧侶の方が、家の仏壇にお参りしていただくお勤め。

お寺の法要は、お寺の僧侶だけのお勤め。

だから、

お寺の法要に出席しなくても問題はありません。

 

5.キリスト教にも法要みたいなものはあるのでしょうか?

キリスト教では、仏教でいう「供養」に相当する「記憶」という儀式が、

毎日曜日の聖体礼儀中で行われます。

キリスト教にも法要

キリスト教での供養と言えば、「ハロウィーン」が有名ですね。

その日に、死者が帰ってくるとキリスト教徒は考えています。

本来は、「衆聖人の日」と言って、神聖な日なのですが、

お祭り騒ぎと勘違いしている日本人が、何故か渋谷に出没します。

日本では、お盆にご先祖様が帰ってくると考えられていますので、

その日に、外人が浮かれているのを見たら、どう思うでしょうか?

恥ずかしい限りですね。

人生で最期の時間を家族中心で送る葬儀【家族葬のファミーユ】

段取りの手間を省く「パッケージ型のご葬儀プラン」

全国約1000ヵ所の葬儀式場ネットワーク

「一日一組」限定の貸切ホールで、単に質素なご葬儀ではなく、悔いのないお別れの時間を

「家族葬のファミーユ」は、「人生で最期の時間をご家族中心で過ごして頂く」ためのご葬儀ブランド。

50,000件のご葬儀をお手伝いしてきた実績。

-法要

Copyright© 葬式やお別れ会で故人の本当の供養ができる段取りとは? , 2019 All Rights Reserved.